強い人がたくさんいる事業企画ポジションでの生存戦略 後編

強い人がたくさんいる事業企画ポジションでの生存戦略 後編

皆さんこんにちは、エンペイで事業企画をやっている袴田と申します。

エンペイは、世界的にも非常にHotな領域であるfintech × SaaSの領域で事業を興しており、様々展開を検討している中ですが、現在は「やさしいフィンテックを。」をMissionに、教育施設を主なターゲットとした集金DXサービスを行なっています。

前編では、事業企画とは?・事業企画職のマーケット感について、後編ではそこで生き残るための自分が行ってきた戦略とエンペイにおける事業企画キャリアについて書いています。

こちらは記事の後編となっており、前編はこちらからご覧いただけます。

簡単に自己紹介

29歳 仙台住みフルリモート エンペイには1人目事業企画としてジョイン

  • 大学:体育会所属。インターンという言葉を4年生になってようやく知るというビジネスレベル
  • 1社目:ENEOS株式会社 人事
  • 2社目:株式会社リクルート 営業
  • 3社目:株式会社ハウテレビジョン 事業開発 兼 エンプラセールス 兼 事業企画
  • 4社目:株式会社エンペイ 事業企画 

目次

1. 出遅れたけれど、この領域で生き残りたい! → 前編

2. 戦う場所を知る (事業企画職とは) → 前編

3. 戦う相手を知る → 前編

4. ポジショニングとキャリア戦略を描く → 後編

5. エンペイで事業企画のキャリアを描く → 後編

ポジショニングとキャリア戦略を描く

ポジショニングの重要性

事業において、「差別化」は特定の領域にとどまらず、重要なことは間違いありません。

結局、レッドオーシャンで戦うと、その頂点か少なくともトップ層に君臨しないといけません。

事業企画だと比較的プロフェッショナルファーム出身が多いことから、その領域で戦おうとすると、MBBと呼ばれる戦略ファーム層のさらに若手エースみたいな人たちと地頭勝負をしないといけなくなってしまいます。

基本ここに手を伸ばすのは、生存戦略(もっというならそこで勝っていく)としては下の下であり、自分はその人たちと別の何かを武器に戦いにいくことを選んだほうが良いかと思います。

自分は何を武器にしようとしたのかをこちらで記載していきます。

インダストリーの選択

明確にプロフェッショナルファームと異なり、事業会社で勝てる要素は、自身でインダストリー(専門領域)を決められることです。

例えば、私が1社目いたENEOSは石油元売りですが、この領域だと大半の方よりかは石油そのものや石油精製に詳しくなることができます。

もちろんコンサルやIBなどもご自身の得意な領域があるわけなのですが、事業会社の場合、入社時点での選択になりますが、自身で決めることができます。

この選択が、差別化につながると私は考えております。

プロフェッショナルファームはどの企業でも、どのキャリアでもある程度汎用的に使えるポータブルスキルがつけられるという観点で現在学生から絶大な人気を誇っています。

ただ、私は汎用的な力はポータブルスキルだけはなく、汎用的に利用できる専門(領域)知識も含まれると考えます。

例えば、私は組織・採用という汎用的に使える力が今後使えるのではないかと考えたところもあり、人材系に勤めていました。

今いるエンペイは、どの企業でもどんな人でも関わるお金に関わるfintechという領域です。

昔からヒト・モノ・カネ(・情報)という言葉がありますが、この領域の専門性は汎用的に利用できて、かつ事業企画でも大きな要素となっている領域です。

エンペイはFintech。オカネはどこに行っても重要です。
エンペイはFintech。オカネはどこに行っても重要です。

ステークホルダーとの共通言語の獲得

事業企画というポジションは本当に多くの部署を巻き込む(関わらせていただく)仕事です。

企画という名前からイメージされる、「上流で計画立てて誰かに仕事降ろして終わり」なんて仕事は有り得ません。

違うMissionを持った、さまざまなステークホルダーと関わり、協働し、良いものを作るのが事業企画の役割です。お互い対等な立場で、進んでいくのです。

その時に必要なのが、共通言語です。

日本語とか英語とかではなく、PdMはどのような仕事をしていてどこをみているのか、エンジニアのお困りごとは何か、セールスがされて嫌なことは?、CSは?デザイナーは?という共通認識のイメージです。(共通認識だと若干ニュアンス異なるので、共通言語と自分は言っています。)

自分はエンジニアやPdMのネイティブスピーカーではありません。一方で、ネイティブじゃなくてもたくさん関わり、留学し、学び続ければカタコトくらいは話せるようになります。

自分はその関わりの多さと深さは事業会社というよりも特定のセグメント、規模の大きさであれば「スタートアップ」、業界なら「広告代理店」や「PR会社」などが当てはまる大きな特徴だと思います。

キャリアのどこでも良いので、それを経験することは、将来の事業企画キャリアにとって有利に働くはずです。

自分は採用ブランディングとそれに付随する事業開発関係で、非常に多くのステークホルダーと仕事をさせていただいて、それが今の自信にもつながっています。

現世の魔法 プログラミング

自分的にはプログラミングという言葉よりは「技術領域」という言葉がぴったり当てはまるのですが、わかりやすくタイトルはプログラミングと書きました。

個人的には、BizDevの定義は、事業を成長させていくときに、エンジニアではないアプローチで貢献していくこと全般だと考えています。

引用元:FAST GROWコラム(株式会社モノグサCEO 竹内さん)

再度、引用を持ってきましたが、この定義の中での「エンジニアではないアプローチ」は技術を活用しないのではなく、「プロダクト開発側ではないアプローチ」を指しているのだろうと推察します。

事業企画の要件でも、データ分析やシステム構築などの話が出ており、ここが自分にとっての一番の勝負どころ(あるいは藁にもすがるの「藁」)だと思い、かなり勉強を重ねました。

結果、一定程度の技術知識を擁し、システム構築なり、データ分析はある程度でき、自分でスクラッチからツールやらサイトやらは作れるようになりました。

上記の共通言語という文脈でも役に立ち、有り得ないスピードでExcelを操作するコンサルタントよりもこの手の作業を高速化することができているという自信もできました。

ただ、紙でお勉強したり、UdemyやYoutube見るだけではそこそこまでしか行けないので、システム構築を自社でチャレンジさせてもらったり、自分でSQL叩かないとデータが出てこなかったり、エンジニアと話をさせてもらったりという環境に身を置くのが一番だなと思います。

欲を言うと、この辺りを教えてくれる、あるいは先導してくれるビジネス系の先輩や同僚などがいればなおよかった・・・1から勉強するのは大変です。

2、3年くらい頑張って勉強した形跡の一部
2、3年くらい頑張って勉強した形跡の一部

とはいえ、一定程度ライバルの土俵にある力の水準も上げておく

差別化の話ばかりしていましたが、相手の土俵で一切戦わなくても良いのかというとそうでは有りません。

一定程度の構造化能力、プロとして働く姿勢、クライアントとの折衝、基本的なポータブルスキル・・・

この辺りは、当たり前のレベルが高い組織に行ったり、負けられない仕事に関わったり、重要なクライアントワークを複数こなすなど、やり方は多岐にわたります。

当たり前のレベルが高く、一定程度のプレッシャーがかかる(過度じゃなくて良い)環境にいくのが一番良いかと思います。

そのような意味で就職や転職は非常に重要だと思います。

エンペイで事業企画のキャリアを描く

生存戦略の結果、スタートアップ「エンペイ」にたどり着く

サバイバル環境で戦い続けたら、自分にとって大きな見返りもありました。

それが、エンペイに事業企画担当として入社し働けている事です。

まず、なんでエンペイに入れてよかったかというと、(雑に列挙すると)

働く環境観点

  • フルリモートで、地元仙台に暮らしながら働ける
  • スタートアップならではの急成長環境でありながらも、全員と言っていいほど性格良い人が多く、優しく穏やかな社風
  • 社長が驚くほどビジョナリーかつ、共感できる夢を掲げてくれる。嘘や偽りがなく、安心してついていける。(ベンチャー・スタートアップだと本当にこれが重要だと思います)
  • 教育×Fintechという独特の領域で、新しい道を拓いていけるワクワク感
  • フルフレックスで、お子さんがいらっしゃる社員も多くおり、中抜けや急な休みも超柔軟に対応できる(Welcome休暇、お子さんの看護休暇、産休・育休制度なども完備)
  • プロダクトの良さがわかりやすい&共感しやすい、かつ定量的にもチャーンが少なく、自分のやっていることに胸を張れる
  • 労働集約的なやり方を好まないことから起こる、シリーズAとは思えないホワイトさ

slackの野球チャンネルでは頻繁に代表も投稿する。フレンドリーな社風
slackの野球チャンネルでは頻繁に代表も投稿する。フレンドリーな社風

中抜け・・・?
中抜け・・・?

キャリア観点

  • 当たり前のレベルが高い環境
  • Fintech × SaaSという世界的にHotな領域における企画領域の経験
  • (ゆくゆくは増やしたいのですが、)企画チームの人数が限られているため、優秀なセールス・CS・プロダクトメンバー達と1 対 Nの関係で仕事ができる
  • 自分で戦略立てて、自分で動き始められるフェーズと裁量
  • 事業企画メンバー個々人の得意領域が異なるため、相互補完ができており、勉強にもなるし、強みも活かせる
    • プロフェッショナルファーム出身者1名(上司)とPdM1名と私の3名体制
    • 入ってくる方は、どのタイプでもある程度参考にできる人がいますし、またタイプが別でしたら最強のチームになるという。利点しかありません。

勝手に兼務し始める自走力と裁量
勝手に兼務し始める自走力と裁量

キャリア観点で総じて言えるのは、前述のポジショニングと戦略の話で出ていた項目全てに当てはまる環境なので、事業企画に留まらず、全ての領域でオススメということです!

こんな人にはエンペイの事業企画向いているよという話

最後にこんな人にはエンペイの事業企画向いているよというおすすめだけして終わります。

事業企画をスタートアップで既に担当されている方などはもちろんおすすめなのですが、自分って対象なのかな?という方向けに記載します

1. ポストコンサルとしてスタートアップのキャリアを目指している方

散々、仮想ライバルとして、コンサル出身との差別化を書いてきましたが、翻すと今コンサル的な素養を持っているメンバーが事業企画グループにはおりません。上司はコンサル出身なのですが、本来は経営企画室長であり事業企画専任では現在おりませんので、ぜひ今まで培ったスキルとメンタリティを活かして活躍をいただきたいです!

前職がプロフェッショナルファームが顧客の中心だったこともあり、若手コンサルの方とも話したりするのですが、自分の領域を決めたいが決められないといった方や、事業会社に行きたいが決め手があまりないといった方が多くいるように思えます。

そういった方には、教育×Fintech×SaaSという日本では未開拓だけれども、世界的には勃興の真っ只中のこの領域を強くおすすめします!

ワクワク感と将来性の一致はなかなかない選択だと思います。

2. 事業会社でセールスやCS、マーケ、その他職種などで活躍されていて、ジョブチェンジを視野に入れている方

私もこのパターンでしたが、今まで培った経験をどの環境で、どのように昇華させるかが本当に重要です。

事業開発・事業企画と聞いたけど、今までとやっていることは全く変わらなかった・・・という方もいらっしゃいますし、ジョブチェンジなのに役職だけ渡されて丸投げというケースもよくあるパターンです。

エンペイは、前者のように活躍をいただきたいポジションを偽ることや母集団を集めるためにポジション名を変えるということはありませんし、もし活躍いただきたいポジションが別にありましたら、しっかりとその旨をお伝えします。

加えて、今事業企画チームは3人と少人数ですが、上記の通りタイプが全く異なる3人が協力して働いているので、ジョブチェンジ最初の一歩目を誰かをロールモデルにして踏み出すことも、模倣はせずとも協働しながら進めていきたいというご要望にもお応えできます!

3. マーケターの方

趣旨は全く変わるのですが、弊社はマーケ専任が(欲しいのですが)現状おりません。

そのため、私がマーケティングを兼任している状態になっています。

ただ、私はマーケの専任でもなければ専門領域でもないため、エンペイを引っ張る一人目のマーケターとして活躍されたいという方もぜひお願いしたいです!

現状でも順調に進んでいるエンペイの事業のアクセルを踏んでくれる方をお待ちしています!